Q01 健康診断の際にチェックする値は?

コレステロール値と中性脂肪をチェック

コレステロールも中性脂肪も、脂質のひとつ。正常な血液の中には、常にある程度の脂質が含まれていて、この量が異常に増えた状態が脂質異常症(高脂血症)です。
診断の際には、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪の数値が用いられます(図参照)。
一般的には自覚症状がありません。「症状がないから」「痛くないから」などといって放置しておくと、動脈硬化などの重大な病気に結びつくこともあるので、定期的な検査で早期発見・早期治療を心がけましょう。