Q02 コレステロールや中性脂肪は不要なの?

なくてはならない非常に大切な成分です

コレステロールや中性脂肪はとかく悪者にされがちですが、実はとても重要な役割を担っています。
コレステロールは体中の細胞の膜の原料です。コレステロールが少ないと血管などの細胞が弱くなり、脳出血などが起こりやすくなります。ほかにも、コレステロールはホルモンや脂肪の消化吸収を助ける胆汁の原料です。それだけ大切な成分なので、体内でもつくられ、何度も再利用されているのです。
コレステロールと結合しているタンパク質の違いにより、LDL(悪玉)コレステロールやHDL(善玉)コレステロールなどと呼ばれます。
中性脂肪はエネルギー源として重要です。運動するとき最初にエネルギーとして使われるのは糖質ですが、糖質が不足すると中性脂肪が使われます。エネルギーとして使われなかった中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪としてストックされます。これが過剰になると肥満やほかの病気を引き起こす原因となります。

〈コレステロールの働き〉

コレステロールは、脳をはじめ全身に広く存在し、生命の維持に欠かせません。

〈中性脂肪の働き〉

コレステロール同様、食物から摂取されるものと、肝臓で合成されるものがあります。