Q06 脂質異常症(高脂血症)になる危険性は?

肥満、喫煙、飲酒などと関係しています

脂質異常症は、生活習慣病のひとつです。生活習慣からみた、あなたの危険度をチェックしてみましょう。結果に不安を感じた人は、検査を受けるか、専門医(内科)を受診することをおすすめします。
脂質異常症が怖いのは、放っておくと動脈硬化が進行してしまい、将来的に心臓病などの重大な病気を引き起こすことになるという点です。それにも関わらず、脂質異常症への認知度はまだ低いため、人間ドックや定期検診で指摘されても、放置してしまうことが少なくないようです。自覚症状がないのが脂質異常症の特徴です。だからこそ注意が必要といえるでしょう。

診断結果

0~4個の人
危険度 10% 生活習慣の面からは、それほど問題はありません。健康的な生活を続け、定期検診などをきちんと受けておきましょう。
5~8個の人
危険度40% あなたの生活習慣は少し問題があるようです。生活習慣を見直し、ひとつでも該当する項目を減らすようにしましょう。
9~13個の人
危険度60% この生活を続けていくと、脂質異常症をはじめとする生活習慣病を引き起こす可能性は高いでしょう。すぐに生活改善をしましょう。
14個以上の人
危険度90% すでに脂質異常症などの生活習慣病を引き起こしている可能性が濃厚です。今すぐ検査を受けるか、専門医を受診しましょう。