Q07 体臭を上手に抑えるには?

皮膚を清潔に保ち栄養バランスのよい食事を

体臭にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺、皮脂、細菌が大きく関係しています。これらの過剰な分泌・増殖を抑えることが体臭の予防に大切です。具体的には、
● 朝、出かける前にシャワーやかけ湯をする。体臭、汗臭を防ぐ効果のある薬用せっけんなどで体を洗って細菌の繁殖を防ぎ、皮膚を清潔に保つ。
● 発汗防止スプレーや制汗剤入りローション、香料などを使用する。ただし、発汗防止スプレーは皮膚のかぶれを起こすこともあるので注意すること。
● 余分な皮脂の分泌を抑えるため、栄養バランスのよい食事を摂る。脂肪分の代謝を正常に保つためビタミンB2、B6、C、パントテン酸の内服も効果的。

以上のことを実行することで、体臭が気になって皮膚科を訪れる患者さんのほとんどが納得されますが、それでも悩む人にはわきがを治す手術があります。この手術は「反転剪除法」といい、わきの下に局所麻酔をしてから、皮膚を3センチほど切開し、ハサミでアポクリン汗腺を切り取ります。手術時間は両わきで約1時間半、費用は約40万円(保険適用外)、治療日数は約2週間です。また、「電気凝固法」によるわき毛の脱毛法(費用は約30万円)もあります。手術法や費用など十分に相談にのってくれて、経験の豊富な医師を見つけることが大切です。