Q06 疲れていても休養がとれないときは?

栄養補給と軽い運動を行いましょう

本来、疲れの回復にはゆっくり休養をとることが不可欠ですが、どうしても休めないときは栄養を十分に摂るよう心がけてください。とくに活動を始める前にエネルギー源を補給しておくことは大切です。しっかり朝食を摂ってから、出かけるようにしましょう。

また、仕事などで頭を使って疲れたときは、散歩やストレッチをするなど、軽い運動をして気分転換をはかると、疲れがとれやすくなります。ただし、あくまで無理をし過ぎないよう注意してください。