疲れ過ぎに注意

疲労を感じたら、まずその原因を確かめよう

朝、すっきりと目覚めず、なんとなく疲労感が残ってしんどい、という経験はありませんか。仕事に家庭に重い責任がのしかかる働き盛りの人は、毎日の生活でつい無理をしがちです。一過性で、休養すれば回復できる疲労なら問題ないのですが、原因となる病気が隠れているケースもありますから注意が必要です。慢性的な疲れを仕方がないと放置せず、自分の疲労状態について再度、チェックしてみてください
※この記事は2004年9月のものです。