Q02 高血圧症の判断の基準は?

正常血圧は上が130、下が85mmHg未満

'99年に発表された「WHO・ISHガイドライン」では、正常血圧を収縮期血圧(上)130mmHg、拡張期血圧(下)85mmHgと、従来の基準より低く設定しています。これは「血圧が低いほど心臓病などのリスクが少ない」という考え方により、血圧をより低く保つことを目指したものです。2003年の米国合同委員会による最新報告では、さらに血圧値の分類を低く設定し、注意を促しています(下表参照)。