Q05 高血圧の原因は?

肥満、塩分の摂り過ぎ、ストレス、喫煙など

両親が高血圧症の場合、子どもは約2分の1、片方の親が高血圧症の場合の子どもは約4分の1の確率で高血圧症になるといわれます。高血圧症に遺伝が関係することは確かですが、高血圧症そのものが遺伝するのではなく、高血圧症になりやすい体質が遺伝すると考えられます。一方、高血圧症を起こす環境因子は次の通り。

●加齢……
血管や内臓器官の老化現象により血圧が上昇する。
●肥満……
全身に血液を送るために、心臓は強い圧力をかけなければならないため。
●塩分(ナトリウム)の摂り過ぎ……
血液中のナトリウムが多くなると、血液中の水分の量も増え、血圧が上がる。
●ストレス……
自律神経やホルモンに影響を与えるため。
●喫煙……
血管を収縮させ、血圧の急上昇を招く。
●アルコールの摂り過ぎ……
長期間、摂取し過ぎることにより、ナトリウムの感受性を高める。
●運動不足……
血圧を調節する機能が低下。また、高血圧の原因、肥満を招く。