Q07 BCAAは集中力を高める効果もあるの?

神経伝達物質の材料になり、集中力をアップ

私たちの行動はすべて中枢神経系からの命令によって行われます。例えば、「勉強しよう」という命令が下されると、中枢神経から出される「神経伝達物質」によって末梢神経を通じて体のすみずみまで伝えられ、勉強を始めるのです。
神経伝達物質には興奮性と抑制性の2種類があり、命令が出てからしばらくの間は興奮性の伝達物質が多く出ており、勉強に集中することができます。しかし、長時間にわたって脳や体が酷使されると、抑制性の伝達物質が多く出されるようになり、「飽き」を感じるようになります。つまり、集中力が低下した状態に陥るのです。
イソロイシンが集中力を高めるといわれるのは、脳神経に素早く入り、興奮性の伝達物質の材料として使われるためです。集中力を要求される仕事や運動を始める前にBCAAを摂っておけば、刺激性の伝達物質が出続け、集中力が高まった状態を持続させることができます。イソロイシンと同様、アルギニンやグルタミンにも集中力を高める効果があります。