Q07 口臭予防や消臭には何が効くの?

緑茶やガム、口中清涼剤が効果的

緑茶やウーロン茶に含まれる「ポリフェノール」という成分には口の中をさっぱりさせ、においの成分と結合してにおいを消す効果があります。また、食後2~3時間たつと唾液の分泌量が減って、口臭が出やすくなります。10時や3時にティータイムをとることは、口の中の細菌を洗い流す効果もあります。ただし、飲み物の糖分には注意しましょう。また、市販の口中清涼剤にも、においを消す効果があります。
唾液の分泌を促すためにはおやつを食べたり、ガムをかむこともおすすめです。同じ意味で3度の食事もゆっくりかんで食べることが口臭予防につながります。