Q06 水虫薬の上手な塗り方は?

お風呂上りに水気をよく拭き、広く薄く塗ること

水虫薬を塗るときは、次のことを心がけましょう。

●お風呂上りに塗る……お風呂で足を清潔にした後、水気をタオルでよく拭いてから塗る。皮膚がふやけている状態で塗った方が薬の浸透がよい。

●広く塗る……症状が出ている部分だけでなく足の裏全体、指の間もていねいに塗る。

●症状がなくなってもすぐにやめない……白癬菌が死滅するまで、自覚症状がなくなってから最低で1~2ヵ月は塗り続ける。

再感染を予防するために、1週間に1~2回水虫薬を塗り続ける習慣をつけるのもよいでしょう。
また、2週間塗っても症状が改善されなかったり、かぶれなどが起こったら、皮膚科医の診察を受けてください。