Q01 いびきってどうして起こるの?

睡眠時、空気の通り道が塞がれるために発生

私たちが呼吸をするとき、鼻から吸った空気は鼻腔からのど、すなわち上気道(空気の通り道)を通って肺との間を行き来します。空気の通り道には鼻腔やのどなど、狭いところや出っ張ったところがあり、そこで空気抵抗が起こります。いびきは睡眠中に空気が上気道を出入りするときに起こる抵抗音と、粘膜の振動による振動音のこと。
しかし、私たちが大きく息を吸うときに聞こえる音も抵抗音のひとつで異常ではありません。
仰向けに寝ると上気道が圧迫され、起きているときより呼吸しにくくなりますが、何らかの原因で上気道の空気抵抗がさらに大きくなると、もっと空気が通りにくくなります。すると肺は空気を取り入れようと活発に働き、空気の風速が上がって振動音が高まり、いびきが起こるのです。

<いびきは気道の悲鳴>

<仰向けに寝ているとき>

<正常に目覚めているとき>