Q01 風邪の症状はどうして起こるの?

免疫力が弱っているときにかぜのウイルスに感染

風邪の約8~9割はウイルスの感染が原因で起こります。風邪のウイルスの多くは、低温乾燥を好むため、冬場、空気中にはたくさんのウイルスが浮遊している状況になります。このウイルスを鼻から吸ったり、口から入ることで風邪をひくわけですが、同じようにウイルスが体内に入っても、風邪をひく人とひかない人がいます。
ウイルスの感染はいわば「外因」で、風邪の原因にはもうひとつ「内因」があります。内因とは、私たちの体の免疫力の強さのこと。疲労や睡眠不足、ストレス、栄養不足などがあると免疫力が弱まり、風邪をひきやすくなります。しょっちゅう風邪をひく、1週間以上長びくといった場合も、免疫力が弱くなっていると考えられます。

<かぜの原因>