Q06 どの程度の運動が効果的?

息がはずむ程度の運動を継続しましょう

適度な運動を続けると、次のような効果があります。

●肥満を解消することで、血圧が下がり、動脈硬化を予防。
●交感神経の緊張が緩和され、血管が拡張し、血圧が下がる。
●体液量が減り、血圧を低下させる物質が増える。
●ストレスを解消する。

効果を期待するには、脈拍数が1分間に120(β遮断薬を服用している人は90)を超えない、息がはずむ程度の運動を1日20分以上、週3~4日、1~2カ月間行うことが必要です。
運動の前後にはストレッチを行い、有酸素運動(ウォーキングや水泳など)と、軽い筋力トレーニングを組み合わせて行います。ただし、運動を始める前には必ず、主治医の許可、指導を受けるようにしてください。