Q10 胃のトラブルを予防する生活法は?

ストレスを解消し適度な運動を習慣に

ストレスは胃炎や胃・十二指腸潰瘍など胃のトラブルの原因となりますから、ストレスをため込まないことが大切です。とはいえ、胃炎や胃・十二指腸潰瘍の患者さんは、真面目な人が多いので「ほどほどに気楽にいこう」などと発想を転換するのもよいでしょう。
また、胃・十二指腸潰瘍の疑いのある人や再発を繰り返す人は内科を受診し、ピロリ菌の検査を受けることをおすすめします。そのほかに日常生活で気をつけることは次の通りです。

●睡眠不足は自律神経の機能を乱して胃粘膜を荒らしたり、食生活の乱れにもつながるので、たっぷり睡眠をとる。
●自律神経の働きを正常化し、胃の機能を高めるために、ウォーキングなど適度な運動を習慣にする。過度の運動はストレスになるので禁物。
●喫煙は血管を収縮させ、胃粘膜の血流を阻害するので、たばこを吸う人は禁煙をする。