Q02 疲労ってどうして起こる?

心身のストレスなどを脳の中枢が感じて起こる

筋肉の疲れや精神的なストレス、あるいは感染症にかかると、脳にある疲労を検知する中枢がこれを感じ取り、「疲れている」と体に警告を出します。
この段階で、十分に睡眠をとって休養したり栄養を補給すると、脳への疲労の警告を出さなくなり疲労感はなくなります。しかし、これらの対策をとらないと慢性的な疲労に悩まされることになります。また、うつ病や貧血などが原因で起こることもあります。