Q07 食生活と疲労の関係は?

暴飲暴食や栄養不足は疲労の原因に

暴飲暴食をすると、胃腸、肝臓、胆のうなどに負担がかかり、消化・吸収機能が低下します。すると代謝機能にひずみが生じ、疲労を感じたり、さまざまな病気にかかりやすくなります。食事量が多くなくても、不規則な食生活を送るときも同様です。
また、ビタミンをあまり摂らないなど食事の質と量が低下すると、栄養不足によって疲れやすくなり、慢性的な疲労が起こる可能性が高まります。