Q02 目の症状ごとに考えられる病気は?

結膜炎やVDT症候群(ブイディーティーしょうこうぐん)、ものもらいなど

充血や目の疲れ、痛みなど目のトラブルの原因は、さまざまなものが考えられます。目の症状があっても、必ずしも目の病気ということにはなりませんが、症状が強く出たり、続く場合などは眼科で診察を受けてください。症状ごとに、考えられる病気は下表の通りです。

VDT症候群とは?

VDT(Visual Display Terminal)とは、コンピュータのモニタ画面のこと。モニタ画面を長時間見るVDT作業によって起こる体の不調のことをVDT症候群といいます。おもな症状は次の通り。

● 目の疲れ、痛み、かすみ、ドライアイ、視力低下などの目の症状。
● 首、肩、腕の痛みや、手指のしびれなど筋肉の症状。
● イライラや不安など精神の症状。

VDT作業中は目を細かく動かしたり、画面の明るさが極端に変わるため、目が疲れるのです。