Q06 目が充血したときのケアは?

目を冷やしたり、血管収縮剤入り目薬を使用

花粉やゴミなどの異物が目に入って充血したときは、冷水で冷やしたタオルなどを目にあて、冷却するとよいでしょう。冷たい刺激によって拡張した血管を収縮させ、充血を改善する効果があります。目を冷やすことは疲れ目の解消にも効果的です。
また、血管収縮剤(塩酸テトラヒドロゾリンなど)を配合した市販の目薬をさすことも効果的。ただし充血は、目が酸素や栄養分を必要としていることなので、栄養成分(ビタミンやタウリンなど)が配合されているものがよいでしょう。
洗眼薬で花粉やゴミなどの異物を洗い流すことも、症状を早く改善させるために有効です。ただし、これらのケアを行っても症状が改善されない場合は眼科医の診察を受けてください。
毛様充血の原因となるブドウ膜炎にかかると、充血とともに痛みや光に敏感になってまぶしく感じる、涙がたくさん出るなどの症状が起こります。ブドウ膜炎は目のキズから病原菌が入って起こるものや感染症が原因で起こる場合などがあり、原因ごとに適切な治療が必要です。