Q10 正しい目薬の使い方、正しい目の洗い方は?

目薬はさした後、目を閉じ洗眼薬は数回まばたきを

目薬をさす前は必ず、手をせっけんできれいに洗いましょう。片方の手で下まぶたを下方にひき、そこから目薬を5センチくらい離してさします。目薬の容器の先を目にくっつけると、目に付いたゴミなどが容器に吸い込まれることがあります。目薬は栄養成分なども豊富で、容器の中で細菌などが繁殖することがありますから、必ず5センチくらい離しましょう。
さした後は静かに目を閉じ、親指と人さし指で両方の目頭をやさしく押さえてください。
さした後、目をパチパチする人もいますが、目薬の成分が目頭から鼻からのどへと流れてしまいますから、避けます。
洗眼薬を使うときは、まずカップに入れ、顔を下に向けて、目にぴったりと押しあてます。カップを押しあてたまま上を向き、数回、まばたきをすると、目に付いた花粉やゴミなどを洗い流すことができます。