Q12 目を健康に保つための生活法は?

目を休め、いたわる習慣をつけましょう

現代人はVDT作業をはじめ、コンタクトレンズの装着過多やストレス、睡眠不足などで目を酷使し、目のトラブルを訴える人も増えています。目はとても精密な働きをする器官ですから、疲れ目などのトラブルを予防するためには、毎日の生活で目をいたわる習慣をつけてください。具体的には、次のような点に気をつけて生活しましょう。

● 十分に睡眠をとる。
● ストレスを解消する。
● 疲れる前に目を休める。
● 目を休める時間を意識的に十分とる。
● 栄養バランスのよい食事を心がける。
● 部屋の空気がたばこの煙などで汚れたり、乾燥しないよう気を配る。
● 目に合ったメガネやコンタクトレンズを使用する。活字を読むとき、VDT作業をするときなど、目的に応じたレンズをいくつか持つこともおすすめ。
● 目を清潔に保つことを心がけ、汚れた手やハンカチなどで目をこすらない。
● 糖尿病や動脈硬化、高血圧などの病気が原因で目に障害が起こるケースもあるので、全身の健康を心がける。