コラム 女性ホルモンはコレステロール値を下げる?

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは悪玉のLDLコレステロールを減少させ、善玉のHDLコレステロールを増やして血管を守り、血流をよくする働きがあります。そのため、エストロゲンの分泌が減少する更年期以降になると、女性もコレステロールが増えてしまいます。その結果、更年期以降の女性は動脈硬化による病気が急増します。