Q06 コレステロール値を上げないための食事法は?

摂取エネルギーを抑え、脂肪を含む食品を控える

コレステロール値を正常に保つためには、5大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)を毎日バランスよく摂ることが大前提です。できるだけ多種類の食品を少量ずつ摂るようにすれば、結果的にバランスのよい食事になります。加えて、次の事を心がけましょう。

(1)摂取エネルギーを抑える
食べ過ぎ、飲み過ぎを避け、肥満を解消する。

(2)脂肪を摂り過ぎない
脂肪(油脂)の摂取量が多いと血中脂質値が上がる。1日に摂る油脂は50グラム程度に。

(3)食物繊維を十分に摂る
食物繊維にはコレステロール値を低下させ、糖質の急な吸収も抑える効果がある。1日25~30グラム摂るようにする。目安は野菜を350グラム以上、果物を200グラム、いも類を100グラム程度摂り、加えて穀物、海藻などもしっかり摂る。

(4)豆類や大豆製品を十分に摂る
大豆タンパクにはLDLコレステロール値を低下させる働きがある。

(5)緑黄色野菜を十分に摂る
緑黄色野菜には食物繊維に加え、抗酸化作用のあるβ-カロテン、ビタミンC、E が豊富で、動脈硬化を予防。低エネルギーなのでたっぷり摂ること。