Q07 どんな運動がいいの?

長続きできる強すぎない運動を

コレステロール値を下げるのに運動はとても有効です。運動による効果は次の通りです。

● 血流がよくなり、リポタンパクリパーゼという酵素が筋肉内で活発に働くと中性脂肪が減る。その結果、HDLが増える。
● 悪玉のLDLコレステロールが減る。
● 全身の血行をよくして血圧を下げる、インスリンの働きをよくして糖尿病を改善する など、動脈硬化の危険因子が改善され、動脈硬化の予防につながる。

コレステロール値を下げるには、ウォーキングや水泳、水中歩行、自転車こぎなどの有酸素運動が適しています。これらの中から年齢や体力、体調を考慮し、以下の項目に合 っているものを選ぶようにします。

● いつでもどこでもひとりでも、マイペースで長続きできる。
● 無理なく長時間行える。
● 規則的に毎日続けられる。
● 軽く汗ばむ程度の運動。

空腹時や食事の直後の運動は避けます。心臓や肝臓などに病気のある人は医師のヘルスチェックを受けてから始めましょう。