コルステロールが高いと言われたら

コルステロールを正しく理解し、健康管理に役立てましょう

定期検診などで「コレステロール値が高い」と判定される人が増えていますが、自覚症状がないためにたいしたことがないと放置している人が多いようです。しかし、血液中のコレステロールや中性脂肪が増え過ぎる状態を脂質異常症(高脂血症)といい、動脈硬化を引き起こす大きな要因に。そこで、なぜ血液中に増えるかなど、コレステロールの基礎知識をきちんと理解し、日常生活でできる予防・改善法をマスターしましょう。 コレステロールが高いといわれたら 
※この記事は2006年9月のものです。