Q06 今から気をつける食生活のポイントは?

肥満を改善し、バランスのとれた食事を

若いうちから極端なダイエットを行うと、卵巣への刺激ホルモンの分泌を低下させ、女性ホルモンの分泌(ぶんぴつ)量が減少したり、無月経になるなど、卵巣機能が正常に働かなくなります。更年期を快適に過ごすためには、極端なダイエットは避け、若いうちから、栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。
女性ホルモンの分泌量が減少すると、脂質代謝が障害され、血中コレステロールを増やし、動脈硬化が起こりやすくなります。
また、肥満による生活習慣病の発症率も高まりますから、適正エネルギー量を守り、食べ過ぎや不規則な食習慣を改善して肥満の予防・改善を行います。
その他のポイントは次の通り。

●高血圧を予防するために、塩分を控える。
●骨粗鬆症を予防するために、カルシウムを十分に摂る。カルシウムの吸収を高めるビタミンDも同時に摂ると効果的。
●食物繊維やビタミン・ミネラルを多く含む野菜や海藻、大豆などの豆類、きのこ類を積極的に摂る。