Q07 自分でできるセルフケアは?

花粉をできるだけシャットアウト

花粉症の予防と症状の軽減のためには、花粉に接触しないことが一番。Q6でも述べたように、花粉情報をチェックし、飛散量が多い日の外出は避けるように。外出時は、マスクやメガネなどを着用し、帰宅したら中へ入る前に、衣服の花粉を払い落としてうがいや洗顔を行います。入浴は、血流がよくなって鼻づまりの症状が和らぐことも。ほかに、次のようなことに気をつけましょう。

●窓を開けない……開いた窓からも花粉が入ってくるため。扉もなるべく開けないように。
●洗たく物や布団は外に干さない……どうしても干したいときはよくはたいてから取り込む。布団は掃除機で花粉を吸い取る。
●掃除をまめに……掃除機をかけると花粉が舞い上がるので、再び床に落ちた花粉を拭き掃除で除去する。空気清浄機も有効。
●たばこやお酒は控えめに……たばこやお酒は鼻の粘膜に作用して症状をひどくする。ストレスや睡眠不足も症状悪化の原因に。