Q01 なんでおしっこが出るの?

膀胱と尿道の連携プレーによってスムーズに出ます

おしっこは腎臓でつくられ、尿管を通って膀胱に運ばれます。膀胱の下には尿道があり、この2つが神経の命令で連携プレーをすることで、尿をきちんとためて(蓄尿)、きちんと出すこと(排尿)ができるのです(イラスト参照)。
もう少し詳しく説明しましょう。膀胱に尿が150~180ccぐらいたまると、その信号が膀胱から神経を伝わって大脳に伝わり「おしっこをしたい」という尿意を感じますが、我慢をすることができます。200~300 ccの尿がたまると尿意が強くなり、トイレの準備が整うと大脳から「おしっこしてよし!」という指令が出て、膀胱の筋肉が強く収縮するとともに「尿道括約筋」がゆるみ、おしっこが勢いよく出ます。トイレの回数は1日4~8回が普通です。