Q04 乳がんが増えていると聞きますが?

月経期間が延びたことなどが原因で増加

乳がんはエストロゲンの分泌が深く関係するといわれます。 近年、食生活の欧米化によって女性の体格がよくなって、初潮が早まり、一方では閉経が遅くなりました。そのため、エストロゲンにさらされる期間が長くなったことが、乳がんが増えたひとつの誘因と考えられます。
また、乳がんはストレスの影響を受けやすいともいわれます。現代女性には家庭や仕事上のストレスが多くかかるにもかかわらず、ストレスを上手に回避することができない状況も、乳がん発生の誘因となっています。