Q08 足のトラブルを予防するには?

足に合った靴を履き足を休ませる習慣を

足を健康に保つためにはまず、正しい靴選びをマスターしましょう。形やファッション性だけにとらわれず、自分の足に合った靴を選ぶようにします。靴のかかとにぴったり足をつけた状態で足の指が締めつけられず、自由に動かせること、足幅がフィットしていること、ショックを吸収する靴底を持つことなどを、店内を歩いたりしながら細かくチェックしてください。
最近は足形や足底圧を測定したり、パッチングワークでサイズを調整するなどの技術をもったシューフィッターのいる靴店も増えており、自分にピッタリした靴を選んでくれます。その他、トラブル予防のために心がけたいのは次の通り。

●靴を脱いで素足でいる時間を長くし、足を休める。
●入浴時、足の指の間までていねいに洗い、足を清潔に保ち、血行促進を心がける。
●入浴後などに足首や足の指を回したり伸ばす体操をしたり、足をマッサージする。

トラブルが起こったら早めに医師に相談することも大切です。