Q01 熱中症ってなに?

体内の熱を放散できず脱水症状を起こす状態

人間の体はもともと、まわりの環境の温度が変化しても一定の体温を保てるように調節する機能が備わっています。この調節は脳の視床下部にある体温調節中枢が行っていますが、夏の炎天下など、高温多湿の環境に長時間置かれたり、激しい運動をしたときなど、この調節機能が働かなくなることがあります。すると体内で生じた熱を放出できず、体温が異常に上がってしまいます。これを熱中症といいます。とくに炎天下の日光によるものを「日射病」といいます。
食中毒の「中」は「あたる」という意味ですが、熱中症も「熱にあたる」ということから来た名称。熱中症で死亡する人は年に100人を超えることがあるので注意が必要です。熱中症は症状の重さに応じて、熱けいれん、熱疲労、熱射病の3つに分類されます。