Q06 どのように乗り切るか?

自分なりの治療法、対処法を見つけて

更年期症状は人それぞれ。更年期に伴う諸症状は必ず治ると信じましょう。普段の生活を見直すことで改善に向かう症状もありますが治療を必要とするケースもありますから、専門医と相談の上で、症状に合った治療を選択しましょう。病院での治療には、男性ホルモン療法、抗うつ剤、バイアグラ、漢方薬などいろいろ選択肢があります。

使用されるおもな漢方薬は
●桂枝加竜骨牡蠣湯…ED、イライラ、虚弱な人などに。
●補中益気湯…倦怠感やうつ傾向が強い場合に。
●八味地黄丸…全身倦怠感や肩こり、腰痛、排尿障害のある人に。
●柴胡加竜骨牡蠣湯…ED、不眠など精神症状を訴える人に。

「いったいうちの夫はどうしたのかしら」と、更年期の症状は妻や家族によって発見されることも少なくありません。治療にも家族の協力が効果的です。更年期を、お互いの健康を気遣い、理解を深めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。
更年期はだれもが通過する時期。次に控える老年期をよりよい状態で迎えるためにも、自分なりの治療・対処法を見つけ、上手く乗り切っていきましょう。

●ちょっとひと休み

更年期は今までの生活を見直し、考え直す好機。ちょっと一息ついて、心と体の点検を。

●パートナーとともに

一緒に散歩するなど、パートナーの協力は大切。お互いをケアしあって。

●規則正しい生活を

更年期は生活習慣病などが発症しやすい年齢。生活習慣病予防を心がけ、自分らしい生活ペースを。