Q02 暴飲暴食すると胃はどんな状態になるの?

胃液が大量に分泌され粘膜を荒らします

胃は風船のように伸縮性のある袋ですが、食べ過ぎで胃壁が極端に引き伸ばされると、胃壁の筋力が低下し、消化のための運動機能が低下します。また、「がんばって消化しなければ」と胃酸が大量に分泌され、胃の粘膜を荒らしてしまいます。
とくに塩辛いものをたくさん食べた場合、浸透圧の関係で胃の粘膜の中の水分が吸い出され、粘膜細胞が傷つけられるケースが多くあります。
暴飲暴食の後、胃の痛みや吐き気などが起こる場合、急性胃炎が疑われます。さらに不摂生な食生活を繰り返すと、慢性胃炎やピロリ菌の感染による胃・十二指腸潰瘍が起こることも多いので注意しましょう。