Q01 風邪のウイルスって何?

風邪の原因の約9割を占めます

ウイルスとは1ミリの10万分の1から1万分の1という目に見えない大きさで、空気中や動物の体内など、いたるところに存在。風邪だけでなく、はしかや水ぼうそう、風疹、肝炎などもウイルスで起こります。ウイルスは人間の体に入り込むと細胞内に侵入し、増殖します。するとその細胞は死滅し、ウイルスはさらに周囲の細胞に侵入して増殖を続けるのです。
同じように感染症の原因となる「細菌」は、自らが細胞分裂することによって増殖しますが、ウイルスは、ほかの細胞がないと自分では増殖できません。また、細菌には抗生物質が効きますが、ウイルスには効きません。
皆さんが「風邪」と呼んでいる病気は「普通感冒」ともいい、「上気道(鼻やのど、気管など)の粘膜に起こる急性の炎症」のことで「風邪症候群」といわれます。風邪(普通感冒)とインフルエンザは混同されがちですが、流行性で感染力が強く、激しい症状が出るインフルエンザと軽い症状を現す風邪は違う病気として認識することが大切です。
風邪の原因の約90パーセントがウイルスの感染で、「アデノウイルス」、「ライノウイルス」、「パラインフルエンザウイルス」など、その数は200種類以上あるといわれます。ウイルス以外の原因としては、細菌やその他の病原菌の感染、そして温度や湿気などが挙げられます。