Q02 風邪はなぜうつるの?

ウイルスを吸い込んだり手を介して感染します

風邪のウイルスは私たちが気づかないうちに体内に侵入しますが、そのおもな感染経路には次の3つがあります。

●接触感染……手を介して口や鼻などの粘膜から感染する。ウイルスがついている机に手を触れた後、手で口や鼻などを触って体内に侵入するなど。
●飛沫感染……咳やくしゃみで飛び散った痰や唾液のしぶきに含まれるウイルスを、ほかの人が口や鼻から吸い込んで感染。咳でウイルスが飛び散る範囲は約1メートル。患者の近くにいる人が感染する。
●飛沫核(空気)感染……広い範囲にまき散らされ、空気中を漂っている粒子の細かいウイルスを吸い込んで感染。

風邪はおもに接触感染と飛沫感染でうつりますが、インフルエンザの場合、2つの感染に加え、飛沫核感染をすることもあるといわれます。