Q05 インフルエンザは一度かかってもまたかかるの?

型の違うウイルスには何度もかかる可能性

一度かかったウイルスと同じウイルスが再び体内に侵入すると、体を守る免疫機構が働いて症状が軽く済むといわれます。
ところがインフルエンザウイルスはウイルスの型が、毎年微妙に変化するのです(イラスト参照)。変異したウイルスに抗体が反応できないと何度でもインフルエンザにかかることに。さらに一定の間隔でヒトにとって新種のインフルエンザウイルスが出現し、世界的な大流行が起こっています。