Q03 髪がパサつく原因は?

パーマ、カラーリング、紫外線、枝毛など

大きな原因はパーマやカラーリングなどによる髪の内部の化学的な破壊、高温のドライヤーや紫外線、摩擦などによる刺激が挙げられます。また、ダイエットなどの栄養不足も要因の1つです。最近では、流行のシャギーを入れたヘアデザインが、髪を斜めにカットするため、枝毛が原因のパサつきも増えています。
髪のパサつきを防ぐためにはまず、ダメージを与えてしまう原因を控えるようにしましょう。
とくにパーマやカラーリングは、髪にある程度の損傷はどうしても避けられません。髪の損傷を最小限に留めるには、自分の髪の状態に合った薬剤を考えてくれる美容室を選ぶことです。パーマとカラーリングを同時に行うと毛髪の損傷も倍増するので間隔をあけることも予防になります。また、パーマやカラーリング後のホームヘアケアも必ず心がけるように。
シャギーを入れたヘアデザインによる枝毛は、美容師と相談し、ヘアカットのときに切れ味のよいはさみで角度に留意してもらいましょう。