Q07 最近、抜け毛が増えてきたのですが?

女性ホルモンの影響や壮年性脱毛症など

出産後や更年期には、女性ホルモンの量が変動するので、髪が急に抜けてしまうことがあります。1日に100本程度の抜け毛は正常な状態です。しかし、抜ける量が急に増える、抜け毛が異常に細い・短いなどは自然な抜け毛ではない可能性が。
病気ではなく、頭頂部から地肌が透けて見えてくるような抜け毛、あるいは水に濡れると髪がぺったりとなる場合、ボリュームが出なくなり、スタイリングが決まらなくなってきたと感じるなどは、女性でも壮年性脱毛症を疑う必要があります。
抜け毛の不安を抱えてしまうと、髪が抜けることを怖がってしまい、きちんと洗髪ができていないため、頭皮が汚れている状態が続き、さらに抜け毛の原因を作ってしまいます。いくらマッサージを続けても、頭皮が清潔でなければ効果がありません。余分な皮脂やスタイリング剤などをしっかりと落としましょう。
極端なダイエットや栄養の偏りなどが抜け毛の原因の場合も。体内でのタンパク質の合成がうまくできず、抜け毛が増えることも。バランスのよい食事を心がけましょう。

<コラム>フケ対策!

フケは、新陳代謝による自然な現象。しかし、急に多くなったり、ベタベタした大きなフケが出るようになったら要注意。フケには乾燥性のものと脂性のものがあります。まずは自分がどちらのタイプか理解しましょう。脂性(オイリー)肌の人は頭皮も脂性(オイリー)。乾燥肌の人は頭皮も乾燥しやすいので、肌質を見て判断するとよいでしょう。頭皮の乾燥や皮脂過剰は抜け毛の原因にもなります。
●乾燥性のフケ……シャンプーは洗浄力のマイルドなものに替え、洗髪の回数を1日おきなどに減らしましょう。洗髪後は、乾燥の予防に頭皮へヘアクリームや椿油などの油分を与えてあげて。
●脂性(オイリー)のフケ……オイリー肌の人は皮脂がたまって頭皮に負担がかかりやすくなっています。洗髪をするときは2度洗いをするなど、頭皮を清潔に保つこと。
●フケの出る人のシャンプー選び……フケ用のシャンプーも市販されています。フケやかゆみを防ぐ効果のある成分として、ピロクトオラミンやジンクピリチオンなどが含まれています。