歯を健やかに保つ オーラルケア

虫歯や歯周病の原因は、そのほとんどが、歯と歯のすき間、歯と歯肉の間に入り込んだ食べ物のカスや雑菌によるものです。その身近な予防法が歯磨き。しかし、歯磨きイコール歯ブラシだけではありません。歯ブラシだけでは落とし切れないプラーク(歯垢)をデンタルフロス、歯間ブラシなどを使って除去することが大切です。日ごろからオーラルケアを心がけ、健康な歯を保ちましょう。
※この記事は2008年10月のものです。