Q01 頭痛にも種類があるの?

日常的な頭痛のほか、病気が原因の頭痛と慢性頭痛があります

頭痛は大きく一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。一次性頭痛とは、脳や体に異常が認められない頭痛で、慢性頭痛ともいわれます。いわゆる「頭痛持ち」の頭痛がこのタイプです。
二次性頭痛は症候性頭痛とも呼ばれ、何らかの病気の症状として起こる頭痛をいいます。かぜ、目や鼻の病気など、原因はさまざまですが、命にかかわる重大な病気のこともあるので注意が必要です。  これらのほかに、冷たいものを食べたときの頭痛や二日酔いの頭痛のように、日常的に起こる一過性の頭痛もあります。頭痛はだれもが経験する症状ですが、原因をきちんと見極めて、適切に対処することが大切です。