Q09 夏バテを改善する入浴法は?

湯船にゆっくりつかり、リラックスしましょう

入浴は疲労物質を減少させてだるさや疲労感を改善させる、血行を促進して冷房のあたり過ぎによる冷えを改善する、リラックスできて安眠を誘うなど、夏バテに大きな効果があります。基本は40度前後のぬるめのお湯にゆったりと肩までつかること。熱めのお湯に入ると、交感神経が刺激されて緊張状態を強めることになるので避けます。入浴中に手足などをもみほぐすのもよいでしょう。
みぞおちから下の部分だけお湯にゆっくりつかる半身浴も夏場の入浴法としておすすめ。シャワーも汗を流してすっきりするためには有効ですが、湯船につかるほうがリラックス効果が得られます。