胃潰瘍や胃がんに深くかかわるピロリ菌

日本人の約50%が感染しているといわれ、胃の粘膜にすみつく細菌であるピロリ菌。感染していると胃潰瘍や胃がんのリスクを高めますが、除菌することでリスクを確実に減らすことができます。正しい知識を持ち、早めの検査、治療を受けることをおすすめします。
※この記事は2010年8月のものです。