Q11 血糖値コントロールの目標は?

血糖値検査で正常値の範囲を目標に

合併症の予防や進行を遅らせるためには、血糖をコントロールすることが必要です。指標としては、空腹時血糖値100mg/dL未満、ブドウ糖負荷2時間血糖値140mg/dL未満、Hb A1c検査6.2パーセント未満の基準値を目安に治療を行います。中でもHb A1c検査の数値は、食事の時間や量に左右されないため、糖尿病治療の主な基準となります。高血糖の人は、まずは6.9パーセント未満の「良」の状態を目指しましょう。また、薬の効果をみるために、1カ月に1回はHb A1c検査を受けることが望ましいです。※日本糖尿病学会編「糖尿病ガイド2012-2013」より引用