Q12 なぜ食事に気をつけることが大事なの?

食べ過ぎ、偏食が血糖値を上昇させます

血糖値は、毎日の食事の摂り方に大きく左右されます。
まず、食べ過ぎは、糖尿病のリスクを明らかに高めます。必要以上に食べると、血液中のブドウ糖が急増し、膵臓は血糖値を下げるためにインスリンを大量分泌します。この状態が続くと、インスリンの分泌機能が低下することから、慢性的に血糖値が下がりにくい状態になります。
次に、栄養のバランスも重要です。特に糖尿病のリスクになる動物性脂肪を控えると共に、食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。食物繊維は野菜や海藻類のほか、胚芽米や玄米、そばなど、精製度の低い食物にも多く含まれています。食物繊維は消化されにくいため、炭水化物と一緒に食べた場合、小腸でのブドウ糖吸収を抑える効果があります。トウモロコシのでんぷん由来の「難消化性デキストリン」という成分は、特定保健用食品(トクホ)に含まれる食物繊維としても注目されています。食事のサポートとして、このような特定保健用食品を上手に活用するのもよいでしょう。