Q09 生活習慣病を防ぐセルフケアとは?

無理せず継続できる食事と運動習慣の改善を

生活習慣病を予防・改善するためには食生活と運動習慣を見直し、内臓脂肪の減少を目指すことが第一の目標です。
とはいえ、極端な取り組みは長続きしないばかりか体に負担をかけることがあるので、できるところから無理をせずに続けることが大切です。まずは現体重の4パーセントを落とせば、メタボリックシンドローム改善率は約8割に。80キロの人なら約3キロ減量すればいいわけです。長続きさせるコツは次の通り。

●食生活・・・お菓子や嗜好飲料、主菜の摂り過ぎがないかに注意。外食やコンビニ弁当は栄養成分表示をチェックする習慣を。

●運動・・・週150分程度の有酸素運動(ウォーキングなど)を目標に。歩数計をつけて積極的に歩く、通勤や家事などの日常生活を活発に行うなど、実行しやすいことから始める。

短期間の生活改善では思うように体重は減らないかもしれませんが、体の中では確実に変化が始まっています。ハードルを高くせず、継続することが生活習慣病の予防につながります。