脂質異常症

脂質異常症とは、血中のコレステロールや中性脂肪が多い状態のこと。自覚症状がなく、放置すると、動脈硬化や心筋梗塞など、命にかかわる疾患リスクも高めます。予防には、健康診断による数値チェックと共に、食べ過ぎ、高脂肪食、運動不足など、早めの改善対策が必要です。
※この記事は2011年10月のものです。
脂質異常症とは、血中のコレステロールや中性脂肪が多い状態のこと。自覚症状がなく、放置すると、動脈硬化や心筋梗塞など、命にかかわる疾患リスクも高めます。予防には、健康診断による数値チェックと共に、食べ過ぎ、高脂肪食、運動不足など、早めの改善対策が必要です。
※この記事は2011年11月のものです。