Q06 受診が必要な目安は?

熱以外の症状があるか機嫌はよいかなど

発熱時の受診の目安は熱の高さだけではなく、年齢、症状、機嫌がよいか、元気があるかです。そのため、子どもの様子をよく観察することが大切です。
3~4カ月児までの場合、38度以上の熱が出たら夜間でも急いで受診をしましょう。5カ月児以上で38度以上の熱があっても、鼻水、咳などの症状がない場合は、自宅で様子を見ます。それでも3日以上熱が続く場合は、かぜ以外の病気が考えられるため受診が必要です。
逆に熱がなくても次のような症状がある場合には、かぜ以外の病気が考えられます。治療を考え、診療時間内に受診をしましょう。

●鼻水、耳だれ……中耳炎など。
●咳……気管支炎、肺炎など。
●下痢……食中毒など。

また熱やかぜの症状がなくても、機嫌が悪く、一人で遊べずに泣く、何度もぐずって起きる、などの様子が見られる場合も、何らかの病気が考えられるので受診しましょう。ぐったりしていたり、息苦しそうな場合は、夜間でもすぐに受診が必要です。

【病院では症状の経過を伝えましょう】

受診の際には、どのような症状がいつから出て、どのように変化したのか、どんな薬を使用したのか、などの経過を整理して医師に伝えましょう。事前にメモをとっておくとよいでしょう。