大人の百日咳

百日咳とは、百日咳菌という細菌が呼吸器に付着することで発症する感染症で、非常に感染しやすく、感染すると激しい咳発作を起こします。生後3カ月から百日咳ワクチンを接種できますが、ワクチンの効果は一生続くわけではありません。また、子どもは重症化しやすく、大人は気づかぬうちに自然と治まってしまう場合もあり、大人から子どもへの感染が問題となっています。ここでは、百日咳の経過と症状、大人と子どもの症状の違い、治療法、予防法についてご紹介します。
※この記事は2012年6月のものです。