Q10 どうすれば予防できるの?

予防接種と、手洗い、うがいの徹底が大切

予防策として最もすすめられるのは、予防接種です。まずは自身の予防接種状況を確認しましょう。未接種の場合は、受診し医師に相談してください。
アメリカでは大人の百日咳の予防として、2006年より、11~13歳を対象とした百日咳ワクチンの追加接種が推奨され始めました。日本ではまだ大人の追加ワクチン接種は行われていませんが、現在、安全性や効果についての研究が進められています。
百日咳の飛沫・接触感染を防ぐためにも、かぜ予防と同様に、手洗い・うがいの他、マスクの着用を心がけましょう。