Q01 発汗の役割とメカニズムは?

汗が出るのは体温調節のためです

 脳細胞は、体温が45℃以上になるとダメージを受けます。そのため汗を出し、皮膚の上で蒸発させることで体温を調節し、外気の熱から体を守っています。体温を調節する機能は脳の視床下部にあり、脳の機能を最適に保つ37℃弱になるよう汗の量を調節しています。

(1)皮膚の温度が上がると、温度受容体が感知し、知覚神経を通じて視床下部の体温調節中枢に伝達する。
(2)体温調節中枢から交感神経を通じて、汗を分泌する汗腺に信号が送られ、発汗する。